[アウトレット]BOOMBOX exhaust/1986-1999年スポーツスター

[アウトレット]BOOMBOX exhaust/1986-1999年スポーツスター

パパサンアール

定価: 138,240円
販売価格: 86,000円
販売ショップへ行く

  • 商品詳細
  • 送料について
  • 販売ショップについて
  • クチコミ

AMAダートトラック・レーサーを彷彿させるブームボックス・スタイルのフルエキゾースト。
巨大なアルミ製ボックス内はストレート排気構造の通常のサイレンサーになります(ワークスXR750レーサーのようなスーパートラップ・ディスクを収めたシステムではありません)。

・XL883C/XL1200Cなどフォワードコントロール車は(ブレーキロッドの関係もあり)取り付け不可。
・バックステップ装着車の場合はマスターシリンダーの位置などにご注意下さい。各メーカー品の適合はこちらでは把握しておりませんので画像より(スプロケットカバーの見え方などから見当を付けて)ご判断下さい。
・タンデムはマフラーの張り出しにより右のフットペグに足がかかりませんので、事実上不可です。

1999~2000年にかけて開発・製造したオリジナル製品に、今回更にブラケット補強を施しました。
※全品アウトレット(放出品/保証無しの売り切り)扱いとなります。
※アウトレット品につきましては交換・返品はお断りしておりますのでご注意下さい。

以下、少々長くなりますが、製品概要をよく理解頂いた上でご検討下さい。
●製品の特徴と注意点など
定番のスーパートラップ2into2(ハイパイプ)マフラーの不満点を解消しつつ、かつスポーツスターらしさを強調する外観を目指し、ワークスXR750をモチーフにした巨大ブームボックス・スタイルとしました。

エキゾーストパイプの取り回しは、エンジン自体の形状とも非常に相性の良い、スーパートラップ・タイプを踏襲。
ただし曲線をより美しく見せるために、パイプ径にはスーパートラップよりワンサイズ細い42.5mmを採用しました。
同時に、スーパートラップ2into2に起こりがちな、エキゾーストパイプとブレーキペダルとの干渉(これにより踏んだブレーキペダルが戻って来なくなる=リア・ブレーキの引きずり)問題も解消しています。

サイレンサー含んだマフラー全体の長さはストックのリアフェンダーとのバランスを重視して長目に造りました。

このマフラーは、リアサスペンション・ボルトより吊り下げる方式です。
2000年から車体側サス・ボルトが変更されており、本品を2000~2003年式に適合させるには、別途サスボルトを変換させるアダプターをご用意頂くか、本製品の吊り下げステーの穴を3/8インチ→1/2インチへ拡大するなどの加工が必要となります。
エキゾーストパイプ同士のジョイント部分には差し込み+スプリング式を採用。ハーレー用としては珍しいかも知れませんが、レーサーやロードバイク用のエキゾーストシステムとしては一般的な手法です。

※開発当時(99~00年頃)の基準で設計した為、近接騒音は約98dB。ただし個体差、経年変化も考えられますので近接排気音量(および車検の対応)は保証できません。
・・・・・ちなみに現在の法規では、2003年8/31までに通関した輸入車は99dB、以降は94dBが上限となり、94dBが上限の車輌には[平成13年度規制が適用]されている旨が車検証欄外に記載されています。
また、キャタライザー(触媒)は装備されていませんので平成11年排ガス規制適用車(輸入車はH12/9/1~)はCO2濃度にもご注意下さい。


パイプのジョイント隠しの目的や、デザイン上のボリューム、エキゾーストパイプの曲線部形状の関係から付属のヒートシールドは純正ステップ位置に適した配置には出来ませんでした。
画像の赤丸部分と足首が触りますので必要に応じて遮蔽板を取り付けたり断熱材を巻くなど対処して下さい。
乗車時のホールドによって火傷やブーツの焦げ付き、パンツへの引火も起こり得ますので、十分に対策、ご注意下さい。

基本的にマフラーの取り付け位置が高いですので、走行直後に車輌から離れる場合は歩行者が触れたりせぬよう、人通りなど周囲の状況にも十分配慮して下さい。

●ブラケットの追加補強について
サスボルトからマフラーを吊す強固な黒いステーに対し、それをマフラー側で受け止めるブラケットが見た目にも頼りなかったので、後日追加で補強部材を被せて溶接しました。

追加部材は曲げの角度を緩く作り、パイプとの溶接面積も大きく採りました。
元々のブラケットも強度メンバーとして併用していますのでかなりの強度アップとなっております。
●ブラケット補強に際しての擦り傷、製造時に不可避の問題等
在庫は検品により良品と判断しておりますが、個体によりアルミサイレンサー表面に再加工時に付いたと思われる擦り傷等があります(※原因は作業台のゴミ、金属粉などによるものです)。
目立った凹み等ではありませんが、予めご了承下さい。
なお、アルミのオーバルサイレンサー+テーパーエンドという形状への加工は元来たいへん難易度の高いもので、製造元より納品されたままの新品であっても幾つかの避けられない部分があります。

(1)テーパー形状のテールピースと接するこの付近は平面が保たれておらず、やや、うねりがあります。
(2)内部に2本のエキパイを連結するプレートが固定されており、丸で囲ったあたりも平面が保たれていない事があります。
(3)排気口が丸、サイレンサー本体の断面が楕円であるものを、更にテーパー状に整形する技術的な問題でこの三角部分はやや表面の仕上げが粗くなっています。また、ここの加工が(1)部分に影響を与えているものと思われます。
(4)そのテーパーに仕上げる都合でナナメに二本、治具の跡がうっすら残る個体があります。
以上、遠目には目立ちませんが、現物を見ずに購入となるネット通販と言う事を考慮し詳細を記しました。
アルミタンク同様、均一な面は出ないとご理解頂き、装着写真なども参照して下さい。
アルミ製ヒートシールドの部材も同様です。

●エキゾーストパイプ: 42.5mm径ステンレス
●サイレンサー: アルミ(内部はスチール)
●ヒートシールド: アルミ
●エキゾースト・フランジ: 付属
●エキゾーストガスケット: テーパータイプを別途ご用意下さい

●動画ファイル ~ アイドリング音などを収録しています。

※スタートから約5秒後に音が出ますので、PCのボリュームにご注意下さい。
●装着例(1993 XL883)岡山県ゑんどう様よりご提供頂いた画像です。


●装着イメージ




※装着手順など更なる詳細は[コチラ: http://883r.jp/shop/special/boombox_howto.html

  • 商品詳細
  • 送料について
  • 販売ショップについて
  • クチコミ

PAGE TOP