ユニセックスファッションの人気ランキング

商品写真

商品について

価格

  • 第1位

    一之瀬ちひろ 日常と憲法 -PARIS2015/11/13-TOKYO2016-

    荻窪にある「まったく新しい、けれどなつかしい」がコンセプトの本屋Titleさんで行われた展示のZINE(200部限定)です。2015年11月にパリで起きた同時多発テロ事件と、日本国憲法と、日常の間にある見えない関わりをさがし、そこにちいさな形をみつける試みです。あの日、パリにいて事件を目の当たりにした写真家・一之瀬ちひろが、日常と憲法の間にあるつながりを、もう一度ちがう方向から眺めなおします。会場では写真を中心とするインスタレーションのほか、ままごとによる演劇「あたらしい憲法のはなし」の戯曲の全文をご覧いただけます。size 21cm x30cm[ 一之瀬ちひろ/写真家] 1975年、東京生まれ。国際基督教大学大学院卒。作品を発表する傍ら、撮影の仕事に携わる。2011年よりリトルブックレーベル PRELIBRIとしても活動。2014年JAPAN PHOTO AWARD受賞。2015年「LUMIX MEETS/BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRPHERS #3」(YellowKorner Paris Pompidou /IMA Gallery)に参加。2016年個展「STILL LIFE」(新宿ニコンサロン)、個展「光のトレイス」KYOTOGRAPHIE KG+2016(Gallery Maronie)。写真集に『ON THE HORIZON』、『KITSILANO』、『STILL LIFE』。「くらしのきほん」サイトで「一之瀬ちひろのひるのほし」を連載。

    STORES.jp

    1,620円

PAGE TOP