catch

h3

lead

測る道具

  • メジャー
  • btn01_01p
  • 木工で、長さを測る時に欠かせない道具です。作るものの大きさにあったものを購入しましょう。値段が安いものでも長さは測れますが、メモリの誤差が出る場合があるので、メジャーを引き出した時に「1級」の文字があるものを選びましょう。一度出したらその場でストップする機能がついていると便利です。
  • 差し金。
  • btn01_02p
  • 差し金(さしがね)は、直角や平行の線を簡単にひくことができる、L字型の定規です。曲尺(かねじゃく)とも呼ばれます。差し金は大工さんにとっても重要な道具で、日曜大工にもそろえておくと便利なアイテムです。寸表示・cm表示がありますが、初心者ならcm表示が見やすく、使いやすいです。目盛りがプリントのタイプは使っていくうちに消えてしまうことがあるので、刻み表示で、厚みは全体が薄いタイプがおすすめです。

切る道具

  • ノコギリ
  • btn02_01p
  • 「切る」と言えば、ノコギリは定番必需品です。軽作業でよく使われる木工用のノコギリは、両側に刃がついている「両刃」タイプと、片側に刃がついている「片刃」タイプがあります。どちらも使い方は同じですが、両刃タイプは各サイドで目の粗さが違い、用途で使い分けられます。使うときは力技で下方向に押し付けるのではなく、前後に往復するように使います。最初はゆっくり材料を切ってみて、コツをつかんでみましょう。
  • 電動ノコギリ
  • btn02_02p
  • 電動ノコギリを使うと、固さがあったり切りづらい素材も、手動ノコギリより早く楽に切ることができます。初心者でしたらまずは手動ノコギリを購入し使ってみて、足りないと感じたら用途を考えて購入しましょう。電動タイプは、「早く楽に木材を切断できる」ことの他に、「切り口の角度を一定に保ちやすい」という利点もあります。短時間で作品が仕上がり満足度も上がりますが、くれぐれも安全面には注意して使いましょう。

組む道具

  • ドライバー
  • btn03_01p
  • ネジを回すためのシンプルな工具です。プラスドライバーとマイナスドライバーがありますが、最近ではプラスネジが多いので、プラスドライバーが主流です。先端のサイズによって番号がついていますが、一番ポピュラーで使用頻度が高いのが2番です。最低1番、2番があれば大丈夫です。用途によって増やしていってもよいでしょう。
  • 電動ドライバー
  • btn03_02p
  • ネジ締めがメインの作業になる電動工具です。組み立て作業に役立ちます。電動とはいえ、小型で軽く回転もゆっくりなので初心者におすすめです。コード付きタイプとコードレスタイプがあり、コードレスが使い勝手が良さそうですが、使っていくうちに充電頻度が高くなる可能性があるので、室内で使うことが多そうならコード付きを選択しましょう。また、「電動ドリルドライバー」というドリルとドライバーがセットになったものなどもあります。

穴をあける道具

  • キリ・ドリル
  • btn04_01p
  • btn04_01p2
  • キリは穴を開けるのにもっともポピュラーな道具。キリで開けきれないものなどは、電動ドリルを使うと簡単です。「穴を開ける」手順として、まずキリで下穴開けをしてから、電動ドリルなどで穴を開けます。釘やネジを使う時、きりで下穴を開けてから行うと、板が割れたり釘やネジが曲がったりの心配がないからです。キリは常に垂直に、最初はゆっくり徐々に強めにして使います。電動ドリルは先端工具が交換可能な物も多くあり、初心者にも用途が広く便利です。

打つ・抜く道具

  • 金槌・バール
  • btn05_01p
  • 金槌は基本的に「打つ」、バールは「抜く」道具です。金槌と似たもので玄翁(げんのう)という両サイドで叩けるものもありますが、初心者には反対側がとがっている「金槌」がおすすめです。とがっている部分を使い、釘などを打った後に釘を「締める」事ができ、簡易的にバールの代わりになるためです。バールで釘を抜く時は、てこの原理を利用し賢く使いましょう。また、バールは釘を抜く時だけでなく、材料をリサイクルしたい時など解体作業にも便利です。

削る・磨く道具

  • 金ヤスリ・サンドペーパー
  • btn06_01p
  • 金ヤスリは金属タイプのヤスリ、サンドペーパーは紙タイプのヤスリです。金ヤスリは他のものに比べ、削る力が強いので荒削りで、比較的固めの素材も削れます。サンドペーパーは表面をこすって削ることで、仕上がりが滑らかになります。サンドペーパーはそのままでは大きいので、カットして使いましょう。

塗る道具

  • ハケ・塗料
  • btn07_01p
  • ハケは、ペンキやニスを塗る時に使う幅の広い筆です。塗料に合わせてハケ選びをしましょう。塗料が水性用なら毛量が多いもの、油性用なら毛にコシのあるもの、ニスなら毛がやわらかくコシが弱いものを選びます。新しく購入したばかりのハケは抜け毛が塗装面につくことがあるので、あらかじめ取り除いておきましょう。塗料はドップリつけるのではなく、3分の2くらいまでにするのが上手に塗るコツです。スプレータイプの塗料はムラが出るので扱いが難しいこともありますが、ハケを使わず、手が汚れる心配も少なくなります。

あると便利!

  • 工具セット&腰袋
  • btn08_01
  • 基本の工具がまとめてそろう!メジャーやドライバーなど、簡単な作業に必要な工具がそろっていて便利です。腰袋に工具を入れれば、見た目も使い勝手も良くなります。
日曜大工とは?

日曜大工とは、大工とは別の職業の人が、休日や余暇を利用して行う木工作業のことです。近年では、木工に限らず自作作業全般をDIYと言うので、従来「日曜大工」と呼んでいたものをDIYと呼ぶことも多くなりました。それに伴い、お父さんのイメージのある「日曜大工」から、女性でも気軽に取り組める「DIY」が普及しつつあり、様々な道具材料が登場しています。

道具の揃え方は?

初心者の場合、道具を揃える際は高価なものより、ポイントをおさえたシンプルなものを購入するとよいでしょう。「測る」「切る」「打つ」と作業に合わせて道具を選んでもよいですし、イステーブル本棚などの作品を基準に道具を揃えてもよいでしょう。

道具の種類は?

近年では電動工具が多く普及していますが、初心者であれば、従来の一般的な工具を揃えて、電動工具は必要に応じて購入しましょう。例えば、メジャーノコギリ金槌キリなどを購入すれば、どんな物を作る時も基本となる作業に役立ちます。また、電動工具が必要であれば、電動ドライバー電動ドリルを購入しても便利です。工具で人気のメーカーは、「マキタ」です。電動工具マキタのものが種類が多く使い勝手が良いので、人気が高いです。電動工具はくれぐれも扱いに注意し、自分だけのオリジナルの作品を作って楽しみましょう!