電動ガンVSガスガン~性能別徹底検証~

エアガン選びにおいて、常に選択を迫られる「電動ガン」と「ガスガン」の二者を徹底検証していきます。 両者のメリット、デメリットを踏まえた上で自分にピッタリな「エアガン」を手に入れましょう。

電動ガン  VS  ガスガンのメリット、デメリットを分析

エアガンには様々な種類があるので、どれを買ったらいいのか迷ってしまう方も多いのではないのでしょうか?特に初心者の方は、それぞれの種類の特徴をしっかり理解し、自分の用途や目的にあった種類のエアガンを選択する事が良い買い物に繋がります!それでは早速、それぞれのエアガンのメリット・デメリットや特徴を見ていきましょう。

電動ガンの特徴

電動ガンはサバゲーのプレイにおいて、もっとも実践的で攻撃力の高いエアガンです。フルオート連射が可能で、季節を選ばずに性能を発揮できるので初心者からベテランまで幅広いユーザーに愛されています。また、電動ガンのパーツも多く販売されているので、カスタムするのも電動ガンの醍醐味のひとつです。

電動ガンのメリット、デメリット

エアコッキングガンのコッキング動作を電動モーターの力を利用してバネを引き発射する機構を持っているタイプのエアガンです。
初心者でも簡単に扱う事が出来る事が魅力であり、性能向上の為のパーツも多数販売されているため現在ではエアガンの主流になっています。

【メリット】
・連射が可能
・動力がバッテリーなので経済的
・メンテナンスが簡単
・気温の影響を受けない
【デメリット】
・高価な物が多い
・分解、カスタマイズが難しい
・音が大きい

電動ガンの特徴

エアコッキングのデメリットであった連射性を電動モーターの力を利用することにより、改善し汎用性を向上させたモデルが「電動ガン」です。

ガスガンと異なり、発射動力に電動モーターを採用しているため、再充電が可能なバッテリーを使う事で経済的にエアガンライフを楽しむ事ができます。

東京マルイの次世代電動ガンやハイサイクルシリーズは命中精度や他のモデル以上の発射速度を持っているため強力ですが、内部構造がリアルでなく威力自体もガスガンに一歩譲るような形になっています。

電動ガンの総評

いずれにしても、ハイパフォーマンスなエアガンの種類である事に間違いはないです。

現在では、エアガンの主流になっているためパーツ数も多くサバゲーを楽しむ人にはオススメの種類になっています。

また、電動ガンはメンテナンスがほぼ不要なのですが、その分、内部的なカスタマイズは困難であり、ある程度の知識と技量が要求されます。


ガスガン(ガスブローバックガン)の特徴

ガスガンの「ガスブローバックガン」は、リコイル(射撃反動)をリアルに体感でき、連射性能も高く、改造の幅のも広いタイプのエアガンです。ただし、動力にガスを利用しており一本当たり1,500円前後します。そのため、定期的に利用するのであればランニングコストが他に比べてやや高くなってしまいます。

ガスガン(ガスブローバックガン)のメリット、デメリット

ガスガンとは空気ではなくガスを動力にBB弾を発射する機構を持つエアガンの総称でです。ガスガンの中でも、「ブローバック」タイプと「ノンブローバック」タイプの2種類が存在します。内部構造もリアルで根強いファンがいるエアガンのモデルの一つです。
以下は、ガスブローバックガンのメリット・デメリットになります。

【メリット】
・連射が出来る
・内部構造がリアル
・弾の威力が高い
・改造がしやすい
【デメリット】
・気温が低すぎると打てない
・ガスが代がかかるのでランニング
   コストがかかる
・下向きに打つ事ができない

ガスガン(ガスブローバックガン)の特徴

最大の魅力はブローバックによる、リコイル(射撃反動)があり射撃している感覚をしっかりと味わえます。

デメリットは気温の低下に非常に弱く、冬には気温が下がり過ぎが理由で撃てなくなる事があります。 これは、動力であるガス圧の温度低下による圧力の低下が起因しているので、威力が弱まってきたときは、タンクを温めましょう。

ガスブローバックガンは威力が高く、電動ガンのように連射が可能ですが、ガスボンベが必要になります(1500円前後)1本で500~800発撃てると言われていますが、ランニングコストがかかってしまう点では、電動ガンに一歩譲ってしまいす。

また、内部構造がリアルで改造の余地があるため、一丁の銃を弄り倒したい人は、このタイプのエアガンを選ぶ人が多いです。

アサルトライフルやライフルのブローバックガスガンもありますが、人気の形はハンドガンのブローバックガスガンが多いです。

おすすめは「東京マルイ グロック18」である、セミオートとフルオートの射撃タイプを有する人気モデルです。


ガスガン(ノンブローバックガスガン)の特徴

ノンブローバックガスガンの魅力はやはり、リボルバーがラインナップされている事ではないのでしょうか。ランニングコストも他の2つに比べてあまり気にせずに撃てるのも魅力の一つです。サバゲーで使うと人向けと言うよりは、コレクション性やこだわりのある人向けのエアガンタイプと言えます。

ガスガン(ノンブローバックガスガン)のメリット、デメリット

ガスガンのもう一つのモデルがノンブローバックガスガンです。通常のエアコッキングガンよりも連射ができ、ガスの使用量も少ないので経済的です。また、このタイプのもう一つの魅力はリボルバーのラインナップが幅広く用意されていることです。このタイプにしかないエアガンもあるので、人と違ったものを持ちたい、マニアックな人にはおすすめです。

【メリット】
・弾の威力が高い
・リボルバーがある
・ガスブローバックよりも
   経済的
【デメリット】
・気温が低すぎると打てない
・オートマチックガンに関しては
   内部構造がリアルではない
・下向きに打つ事ができない

ガスガン(ノンブローバックガスガン)の特徴

代表的な機種はなんといっても、「リボルバー」です。
特にタナカの「ペガサス」システム搭載のリボルバーは内部機構もリアルに再現されており、コアなファンが多いので、ノンブローバックガスガンを買うなら選択肢の一つですね。

特にリボルバーでは、カートリッジを装填したり排莢する楽しさや醍醐味は他のタイプでは味わえない、魅力なのでこだわりが持っている人が多いです。コレクションとしても人気であり欲しいから買うと言う人が多いですね。

ブローバックアクションやリコイルを体感できないため、リアルさを体感する点においては、他のタイプに一歩譲ってしまいます。
サバゲー用に使うと言うよりは、コレクション用や改造用に選択されるケースが多いですが、その実射性能はサバゲーでも十分に活用できます。

このタイプでおすすめの銃は「東京マルイ コルトパイソン 357マグナム」です。リボルバーのロールスロイスと呼ばれる高級感と確かな質感がユーザーを魅了します。


目的別ランキング

上記で解説したとおり、すべてのエアガンのタイプにはメリットとデメリットを兼ね揃えています。あなたにあったエアガン選びをする上で用途別におすすめランキングを作成しました。また、それぞれのランキングで人気・おすすめのエアガンも紹介します。もし、どのエアガンを買おうか迷っていたら、是非参考してしてください。

「サバゲーで使う」エアガンランキング

1、電動ガン
2、ガスガン(ガスブローバックガン)
3、ガスガン(ノンブローバックガスガン)


やはり、1位は電動ガンです。
実射性や連射性などサバゲーで必要とされる能力が集約されています。そして、何よりも頑丈な作りをしている事が環境の厳しいサバゲーでその真価を発揮します。

ガスガンは季節・気温の影響を受けやすい為に電動ガンの汎用性に一歩劣ります。しかし、インドアフィールドではガスガンのハンドガンが選択される事が多いので、プレイするフィールドによって選択するのもアリです!

「経済的に優しい」エアガンランキング

1、ガスガン(ノンブローバックガスガン)
2、電動ガン
3、ガスガン(ガスブローバックガン)


賛否両論ありますが、電動ガンはとにかく初期費用がかかります、ガスブローバックガンはガスの消費が激しいので、ガス代のランニングコストがかかってしまします。 ノンブローバックガスガンは、ガスの消費が少なく初期費用も抑えられるので、一番経済的はお得ですね!でも、やっぱり自分が欲しいエアガンを買うのが一番です。

「改造を楽しめる」エアガンランキング

1、ガスガン(ガスブローバックガン)
2、電動ガン
3、ガスガン(ノンブローバックガスガン)


ブローバックガスガンは他の2タイプに比べると内部機構がリアルで改造の余地が多く用意されています。
次いで電動ガンがランクインしています。サバゲーの主兵装なのでパーツも多く流通しており、カスタムの幅は広いです。

今さら聞けない!サバゲーのルール サバゲー・エアガンのQ&A