強く大きく育てる!昆虫の王様カブトムシ・クワガタの飼育特集

  • カブトムシ・クワガタ

    カブトムシ・クワガタは種類が多く、種類により飼育方法も変わります。カブトムシは、初心者には国内産が育てやすくてオススメです。クワガタは、オオクワガタは比較的飼育が簡単で人気ですが、ミヤマクワガタは難しい部類になります。

  • エサ/昆虫ゼリー

    カブトムシ・クワガタのエサには昆虫ゼリーがオススメです。果物も食べますが、スイカやキュウリ、メロンは栄養価が低く水分補給にしかなりません。昆虫ゼリーで高タンパクの物は食いつきがよく、特に産卵を控えたメスに与えます。

  • 菌糸ビン・菌床

    菌糸ビンは、元はキノコ栽培用だったものを幼虫が食べやすい「えさ」にしたものです。カブトムシの幼虫飼育には適しませんが、クワガタの幼虫飼育によく用いられます。特に、人気の高い「オオクワガタ」を大きく育てるのにオススメです。

  • 昆虫マット

    「マット飼育」はカブトムシ・クワガタの基本的な飼育方法のひとつです。くぬぎを用いるため、くぬぎマットと呼ばれることもあります。目的により、床敷き用マット、産卵用マット、幼虫を育てるためのエサ用マットなどがあります。

  • のぼり木(木片)・エサ皿

    カブトムシやクワガタの成虫は木に登って生活しているので、飼育には止まり木やのぼり木が必要になります。入れてあげると、転倒防止の足場にもなります。また、昆虫ゼリーが入るよう穴があいているものは、エサ場にもなり便利です。

  • 飼育ケース

    飼育ケースはフタ付きを選びましょう。ポイントは2つあり、1つめは「サイズ」で、幼虫や成虫の飼育数やマットを入れる量などにより、適したものを選びましょう。もう1つは「機能」で、コバエなどの侵入を防ぐ対策品がオススメです。

  • 絞り込み: 在庫あり レビューあり セール商品
    • 並べ替え:
292件中 1~40件目
292件中 1~40件目