感謝を贈る/香典返し特集

故人を偲び、お気遣い下さった皆様へ、
お礼と忌明けのご報告を兼ねて贈る香典返し。

価格帯から選ぶ

ありがとうの気持ちを込めて。価格帯から選びたい方はこちら

  • 30,001円~
  • 20,001円~30,000円
  • 10,001円~20,000円
  • 5,001円~10,000円
  • 3,001円~5,000円
  • 3,000円以下

香典返しは一般的に「3分の1から半分程度」が目安とされています。故人との関係や地域のしきたりなどに合わせて選びましょう。一律に同じものを贈る場合と、香典の額に応じて変えることもあります。台帳の整理を行っておくことが大切になります。

百ケ日法要、一周忌、三回忌などの年忌法事を行い、香典やお供えを頂くことがあります。この場合も、お菓子等、お持ち帰り頂けるお返しを用意しておきましょう。

pickup

高級ホテルのスイートルームを
イメージしたプレミアムなタオル。
優雅で上質な贈り物です。

15,750

pickup

吟味された素材のうまみを
最大限に引き出した、ホテルメイドの
至高の味をお届け致します。

5,250

商品から選ぶ

贈る人を想いながら。商品から選びたい方はこちら

現在では様々な商品が香典返しとして贈られていますが、昔から送られている物には意味があります。砂糖は相手に不幸が及ばないように、石鹸や洗剤は不幸を洗い流すという意味を込めて、陶器は土に帰る、漆器は不幸を塗りつぶし、二度と不幸が無いよう色直しをするなどです。お気遣い頂いた方々への思いやりを忘れず選びましょう。

  • 食品・お菓子
  • 飲み物
  • 洗剤・石鹸
  • タオル
  • 陶器・漆器
  • カタログギフト

香典返しのマナー

返礼と香典返し

通夜、葬式の参列者全員に来ていただいたことのお礼としてお渡しするのが「会葬御礼(返礼)」、無事に四十九日(七七日忌)の忌明け法要を迎えた報告とお礼で贈る品物を香典返しといいます。近年では、通夜・葬儀の当日に香典の金額に関係なく、一律で2500円~3000円程度の品物をお返しする「即日返し」も増えてきています。帳簿整理や、忌明けの忙しい時期の負担軽減になることもあり、関東地方を中心に広まりつつあるようです。即日返しの場合には、高額の香典を頂いた方や特にお世話になった方へ、忌明けの後日返しと同じように、挨拶状を添えて、改めて香典返しの品を贈ります。

ケースに合ったお返し・お礼

香典、弔電、生花など、故人を偲んで様々なお心遣いをしていただきます。弔電のみ頂くこと、生花と香典を頂いたりと様々な場合があります。それぞれの香典返しのパターンをご紹介いたします。

・連名で香典を頂いたとき
お一人ずつ、お返しを手配するのが礼儀となります。
・お見舞いと香典を頂いたとき
お見舞いのお返しと、香典返しを別々に用意します。
・生花を頂いたとき
生花の標準価格が15000円と言われていますので、
通常の香典返しと同様に用意します。
・香典と生花を頂いたとき
両方加味してお返しを用意します。
よって、香典返しはワンランク上げて用意しましょう。
・会社・団体名義で頂いたとき
皆様で召し上がれる、お菓子やお茶、コーヒーなどがよく選ばれます。

地域の風習や宗教によって異なる事が多いので、お気遣い頂いた方へ失礼のないよう、お住まいの地域の葬儀社、近所の方に確認してご用意されることもおすすめです。